====================================================

建築工房 自然木

コンパクトながらレイアウトの工夫で豊かな広がりが得られる〝田の字スタンダード〟
キッチンに立つと、リビング・ダイニング、そしてウッドデッキへと視線が抜けて気持ち良く家事がこなせます。東の窓際にはワークカウンターも。 屋根のかかったサービスヤードを通って、庭・家庭菜園につながる広めの勝手口は、土地の野菜を持ち込み、ストックできるようタイルの土間としました

北薩の杉を中心に自然素材で肌持ちの良い居住空間に

 田園風景の中に新しい住宅街が開ける地区に建つS邸は、コンパクトながら家族の成長に合わせてレイアウトを自由に変更できる〝北薩田の字スタンダード〟の考えを採用した住まいです。
 北薩の地場材を使い、鹿児島の民家で受け継がれて来た「田の字」ワンルームを基本に、現在の生活に合わせた設備と収納を確保しています。木組の意匠性を生かしながら、環境性能、構造強度を高め、長期優良住宅仕様まで高めた家です。
 Sさんは、「自然木さんの手掛けて来た家を何軒も見学させていただいて、どこも木の香りがするいいお宅だなあと思いました。しかし、金額を聞くと自分たちが計画している予算枠をオーバーし、諦めかけたときに提案してもらったのが、この〝北薩田の字スタンダード〟でした」。
 予算を聞いて、「これならいけそう」と打ち合わせが進んだと言います。
 「大黒柱を中心に、〝田の字〟に部屋を配置すると聞いて、各部屋の広さはかなり制約されると思っていました。でも、外と内をつなぐウッドデッキや田の字ワンルームのおかげで開放感のある間取りです」とうれしそう。
 スギのいい香り、月桃紙のやわらかな雰囲気に包まれ、通風と採光に配慮した肌持ちの良い家が誕生しました。

親からのアドバイスを生かし、将来への備えも

 S邸の敷地は、ご主人の両親が、将来息子が家を建てるときのために、と用意しておいてくれた土地です。
 「主人の実家と来年から長女が通い始める小学校のちょうど真ん中辺りに建つので、お互いに行き来がしやすくて、とてもいい環境です」
 奥さんのお気に入りの場所は、1階東側のワークスペースと一続きになったパソコンテーブル。「ごちゃごちゃした配線部分が目隠しでき、すっきり」と作業もはかどりそう。「子どもも、1階で一緒にお勉強できます」
 実は、リビングのテーブルと長椅子も、自然木の大戸さんに教わりながら、奥さんが自作したものです。
 「主人のお気に入りは2階の本棚。といっても、私の大量のコミック本が占領しそうですけど」と笑いながら、「主人は2階にソファを置きたいって言ってます。本を読んだり、景色を眺めたり…」。ご両親のアドバイスで、「いずれ仕切れるように2階には建具用のレールだけ付けてもらった」とも。
 S邸のシンボルツリーは、ケヤキ。夏は日差しを遮り、冬は葉を落として光を届けてくれます。庭にはシロツメクサを植え、駐車場横の菜園スペースも徐々に充実を。「お母さんの料理が大好き」という娘さんと一緒に、楽しい野菜づくりが始まることでしょう。

幸せな家づくりとは?

 住まい手の人生の舞台として、生活スタイルの変化に対応し、永く住みこなせる家。長期優良住宅仕様を確保しながら、フレキシビリティのある間取りを考えました。室内環境にも十分に配慮した自然派志向の家づくりです
■家族構成/夫婦+子ども2人

■工法/木造軸組在来工法

■敷地面積/270.42㎡(81.80坪)・延床面積/88.02㎡(26.62坪)

■用途地域/市街化調整区域

■建ぺい率/25.72%・容積率/32.55%

■設計期間/約6カ月・工事期間/約4カ月
株式会社
建築工房 自然木
鹿児島市永吉2─29─3
TEL.099・812・5701
 http://homepage2.nifty.com/jinenmoku/


▲Page TOP