====================================================

三洋ハウス 株式会社

室内がすっきり片づき、家族がゆっくりくつろげる空間を確保。

「子どもが小学校入学までにマイホームを」の念願かなう

「子どもが小学校に入学する前に、ずっと住み続けられる家を建てたいね」と話し合っていた仮屋順平さん・ルミさんご夫妻。お二人ともまだ29歳という若さで念願のマイホームを実現、それまでの2LDKの賃貸マンションから、明るく開放的な家に今年1月末に引っ越してきたばかり。5歳(男)と2歳(女)の元気盛りの子供達は家の中を走り回りながら、新しい家での暮らしを楽しんでいます。新しい家が次々建っている住宅地の一角にあり、黒のガルバリウム風のサイディング、白いサッシの窓枠やシルバーの玄関ドアがシンプルモダンな雰囲気を漂わせます。1階部分の20㌢四方の4つの小窓、2階部分の丸い窓がアクセントに。南向きの屋根には太陽光パネルが設置され、オール電化のエコ住宅になっています。延べ床面積があまり広くない中で、1階のリビングダイニングは間仕切りなしで広々約20帖。天井の照明はLED。対面式キッチンで、奥様はリビングで遊ぶ子どもたちの様子を見ながら調理ができます。その後ろには作り付けの半透明の扉の食器棚。食器棚の後ろにも収納スペースがあり、台所はいつもすっきりと片付いています。

1階と2階の フローリングの色調を分けて、違う気分を楽しむ

落ち着いたダークブラウンのフローリングで統一された1階リビングからまっすぐの白い階段を上っていくと、2階のフローリングは、木目の表情と質感を残した明るくて温かい印象のジェラータ(淡いベージュ)に変わります。階段上は吹き抜け。南側の丸い窓から差し込んでくる太陽光が階段や階段ホールを明るく照らします。
2階は、4帖半ほどの広さの子ども部屋2室に、南側のベランダに続く6帖ほどの夫婦の寝室。子ども部屋にはそれぞれ1帖半の収納スペース、夫婦の寝室には3帖ほどのウオークインクローゼットが設けられています。片付け好きの奥様にとってうれしい設計です。
階段や部屋などあちこちに小さな観葉植物がインテリアとして効果的に置かれています。これは奥様の趣味。庭には小さな花園が設けられ、晴れた日には子どもたちと外に出てガーデニングを楽しむなど、新しい家での暮らしを満喫しています。

暮らしを楽しむ、ひと工夫

若い家族らしく、外観・内部ともに
シンプルモダンな家と暮らしを楽しめるように
設計しています。特に家族が集うリビングは、
家族一緒の時間を思い切り楽しめる空間を
目指しました。

□プランニングコンセプト(1階)
 奥様が多くの時間を過ごすキッチン、
 家族が集うリビングダイニングのスペースを
 広くとりました。
□プランニングコンセプト(2階)
 子ども部屋2室と夫婦の寝室の3部屋には
 それぞれたっぷりの収納スペースを
 確保しました。
三洋ハウス 株式会社
本社/鹿児島市南郡元町14番9号
TEL/099-285-1000
HYPERLINK  http://www.sanyo-house.co.jp
□建設業許可番号/鹿児島県知事許可(般-16)第12792号
□2級建築士事務所登録番号/第2-21-27号
□宅地建物取引業免許番号/鹿児島県知事(3)第4635号
□取扱業務/建設に関わる企画、設計、施工、管理メンテナンス、
      不動産業、保険業
□取扱工法/木造軸組在来工法


▲Page TOP