====================================================

三洋ハウス 株式会社

高台からの眺望を楽しむフリープランの家 若い世代の夢を無理なく形にする家づくり

可動式の物干スペースと景色独り占めの大窓が圧巻

 鹿児島市永吉町の高台にあるT邸は、シンプルな黒の外観がモダンなキュービック型の館。建物正面の四つのシルバーの窓枠がアクセントになっています。
 玄関に入ると、室内を広く見せる効果もあるという大きな鏡と、大容量の靴の収納庫が。漆喰に見立てたクロス張りの内装とフローリングは清潔感あふれる白で統一しました。リビングは若いご夫婦だけに、赤を差し色にしたカフェのようなお洒落なイメージですっきりまとめています。奥様のご希望で家族と話しながら家事ができる対面キッチンカウンターを配置しました。キッチンと廊下を挟んで反対側にバスルーム、トイレは廊下正面に設けています。
 2階には奥様のこだわりが満載。広いウォークイン収納と寝室と一体化した物干スペース、子供部屋となっています。天吊り引き戸で仕切られた寝室は物干への扉を開ければ、景色の良い大窓が目の前に開ける二つの機能を持つ部屋となりました。奥様が一番こだわったのがこの物干兼寝室だとか。今は家族皆が寝ていますが、将来的にはご夫婦の寝室になる予定。「若い子育て世代のご家族なので、無理のない予算で品質の良い家を提供できるよう提案しました。『木間々な家』シリーズのフリープランで、奥様のデザインに出来る限り対応させて頂けたと思います」と三洋ハウスの担当者。細部にまでこだわった家づくりで快適で楽しい生活を手にしたご家族です。

細かく要望を伝え描いた通りの生活に大満足

 “20代からの家づくり”というキャッチコピーを見て「コレだ!」と三洋ハウスに依頼することを決めたというTさんご夫妻。子供を転校させたくない、住み慣れた環境を離れたくないという思いで、土地探しをスタートしました。様々なシミュレーションの中から、シンプルなブラックの外観を選び、間取りなどは奥様が本を見ながら自ら図案に起こしました。外せないポイントは3点。「家族と対話できる対面キッチン」「景観を楽しむ大きな窓」「室内に洗濯物を干せるサンルーム」です。不要なものはベランダ、「灰の掃除が大変だし、洗濯物は室内に干すつもり」と潔く決断できる奥様の選択眼にブレはありません。大きな収納にもこだわりました。クリアボックスに収納したものがそのまま収まるよう、サイズを測り棚を注文しました。部屋としても使えそうな広いウォークインの収納スペースを2箇所も設けたことで、室内はいつもすっきり片付いています。
 壁も床も白く統一して清潔感を大切にしたというT邸。思い通りの家の完成に感慨もひとしおのようです。引越当日は「入浴するのがもったいなくて、子供たちと恐る恐るバスタブに浸かりました(笑)」。念願のマイホームを綺麗なまま維持したいご主人の日課は、風呂掃除だとか。無理なく若い世代の家づくりを可能にしたのは、三洋ハウス『木間々な家』シリーズのフリープラン。家族皆が大満足でゆとりある暮らしを楽しみ始めたばかりです。

プランニングコンセプト
(1階)
家事動線を短くし、リビングとキッチンを一体化しました。

(2階)
大容量のウォークインクローゼットと奥様こだわりのサンルームを設えました。可動式の寝室は使い勝手が良いと思います。

リビングeye

間取りの図面を自らひく等、若いご夫婦ならではの“ライフスタイルを思い描きながら家づくりを楽しむ”様子が伝わりました。
2階の寝室兼サンルームの機能的なスペース活用は必見です。
三洋ハウス 株式会社
三洋ハウス 株式会社
本社/鹿児島市南郡元町14番9号
TEL/099-285-1000
HYPERLINK  http://www.sanyo-house.co.jp

□建設業許可番号/鹿児島県知事許可(特-22)第8476号
□1級建築士事務所登録番号/第1-22-77号
□宅地建物取引業免許番号/鹿児島県知事(9)第1852号
□取扱業務/建設に関わる企画、設計、施工、管理メンテナンス、
      不動産業、保険業
□ 取扱工法/木造軸組在来工法


▲Page TOP