====================================================

SOZOHOME 株式会社 創造企画

黒のシンプルなBOX型住宅 機能性と健康を追求した住まい

無垢フローリングや炭の塗料など 自然素材の心地よさを肌で感じて

 「子供たちと健康に楽しく過ごせる家」「西陽と収納に悩まされていたので改善を」と建て替えの際の要望を振り返る志布志町のMさんご夫妻。
 玄関ポーチのドアを開けると、外観の黒とは対照的な、白を基調とした明るい色合いの室内空間が広がります。
 リビングの吹き抜けは、高さ3.5m。上部に強化ガラスをはめ込むことで、二階の気配が伝わり、一体感が生まれています。「仕事を終えた後、キッチンで子供とテレビを観ながらおしゃべりができ、外の景色にも癒されます」と奥様。上吊りの引き戸で各部屋の段差を無くしたので、掃除も楽です。隣接の和室は寝室として利用されていますが、ウォークインクローゼットへ続く効率の良い動線のおかげで、着替え、食事、子供の世話…と忙しい朝には大助かりとか。各部屋毎の造り付け大型収納で、子育て最中にも関わらず、室内はすっきり片付いた印象です。
 2階は、ゲストルーム兼用の和室と、将来2部屋に仕切ることを踏まえた広い子供部屋。リビング天井の一部に設えた8畳の収納スペースは、当分は子供部屋としての利用も可能です。バルコニーと各部屋から志布志湾と岬まで見渡せる眺望の良さも自慢。
 無垢のフローリング、天井クロスの下地には、石膏ボードに炭塗装を施すなどで、調湿効果、シックハウス対策、消臭効果など天然素材の良さを取り入れ、健康で快適に暮らせる住まいを実現しました。
 メインストリートに近い便利な立地環境はそのままに、モダンなボックス型の外観に生まれ変わった我が家に大満足のMさんご一家です。

プランニングコンセプト
(1階)
南側にLDKを配置し、リビングから出入りできるウッドデッキは第ニのリビングとして家族団らんの場となっています。

(2階)
階段を上ると廊下の両端に6畳の和室と14畳の洋室を配置し、突き当たりのバルコニーと各室から志布志湾と岬を眺望できる計画にしました。

リビングeye

リビング上のフリースペースは、8畳もの広さがあるのに床面積に含まれない、空間を最大限に有効活用した例。
家事動線を短く、収納を多くした間取りは働く女性の参考になると思います。
株式会社 創造企画
本社/鹿児島市玉里団地1丁目8番17号
TEL/099-220-5131
 http://www.sozokikaku.co.jp/

□建設業許可番号/鹿児島県知事許可(般-19)第9259号
□1級建築士事務所登録番号/第1-14-205号
□取扱業務/建築全般(新築・増改築)設計及び施工
□取扱工法/木造軸組在来工法
□かごしま地材地建グループ
 家づくり『創造エコネット200』協議会 会員


▲Page TOP