====================================================

株式会社 創建

熟練の技の粋を極めた住まいの理想形 「庭屋一如」を提案する「薩摩町家」

家族で至福の時を刻む、こだわりのライフスタイルを実現できる家

 『その家は前を通る人の家でもある』姶良市の「薩摩町家」は、日本の伝統的な家造りを、基本に忠実に実現した住まいの理想形、集大成と言える館。庭と建物が一体になった「庭屋一如(にわやいちにょ)」を形にすべく、通りから住居を介して、奥に広がる庭を眺めるという大胆なガラス使いや、黒メダカが泳ぐ池など、粋な遊び心を暮らしに取り込んだ提案は、住まう人の感性を刺激してくれそうです。
 シンプルな玄関ポーチからドアを開けた先は、シラス石のエントランス。リビング、畳スペースへと続きます。壁は全て職人の技が光る漆喰になっています。小上がりの畳や窓枠など、“坐る”のにちょうど良い休憩場所を見付けて、本を読んだり、うたた寝したり…と、シーンが目に浮かびますね。アイランドキッチンは、ゲストの目に映る景色が美しいようにと、設置位置を考慮しています。木目の美しく大きなサッシはスウェーデン製。Low–Eガラスであり木製である事から、断熱効果が高く、重厚感を醸しています。扉の玄関ドア以外は全て天吊り引き戸にすることで段差をなくし、フロアの一体感を出しました。
 リビング上部に突き出したロフトは、1階ホールの気配を感じるオープンフロア。ワークスペース、子供部屋、夫婦の寝室ですが、きっちりと仕切らない可変空間にしています。
 「美しい街並景観」「自然エネルギーを活用」「風が通る」「自然素材」「手入れが楽しい」といった数々の要件をクリアした「薩摩町家」は、健康・エコに配慮し、暮らし方の様々なシーンを想定、提案した住宅と言えそうです。

プランニングコンセプト
(1階)
通りから奥の庭まで見通せる開放的なガラス使いによる間取りです。サッシは遮熱断熱効果があるLow-Eガラスを標準仕様で使用。

(2階)
ロフトのような空間をワークスペース、子供部屋、寝室で分けています。1階のリビングを見下ろせ、家族の気配を感じることができます。各部屋ごとの収納も十分。

リビングeye

光と風を効率よく取り込み、なるべく自然エネルギーを利用する。
美しい町並みと同時に家の庭は地元の木、外構には地元の草木という在来種に拘る。
長く暮らす事が出来、外出しても早く家に帰りたくなる家となる。
株式会社 創建
本社/姶良市西餅田2821-3
TEL/0995-65-8000
 http://sohken84.com

□建設業許可番号/鹿児島県知事(般-19)第7995号
□一級建築士事務所登録番号/鹿児島県知事 第1-18-251号
□宅地建物取引業免許番号/鹿児島県知事(6)3752号
□取扱業務/住環境に関する全て(新築、設計、リフォーム、
      不動産、山の木、宅地造成、外構、
      相続問題、その他)


▲Page TOP