====================================================

株式会社 住まいず

家族や仲間が自然に集うオープンな安らぎ感が漂う家
人が集える場にしたかったという家は、無垢材と珪藻土クロスで構成され、やさしい雰囲気。

木々に囲まれたようなシンプルな暮らし空間

 スタイリッシュな外観から一歩家の中へ入ると、そこは白木の森に入り込んだような安らぎの空間。
「木の家に住みたいと思っていましたが、ここまで木を使ってもらえるとは、予想以上」と、県内産杉材を存分に使用した家に満足な表情を浮かべる施主の森園さん夫婦。木を肌で感じられるように、また傷やシミも子どもの成長の証になるだろうと、あえて塗装は施しませんでした。
 その空間に似合いなのが、シンプルなフレームキッチン。これは「引き出しなどがあると、かえって掃除がしにくいのでは」というご主人の板前ならではの主張でした。
 その代わりにキッチン背面には、食器や食料を収納するオリジナルの棚やカウンターを取り付けました。全面を引き戸で覆う形なので、閉じると人の目に触れず、すっきりとした印象。棚の後ろには風と明かり取り窓。作業がしやすいだけでなく、リビングから眺めると、すりガラス風の引き戸越しから光が漏れてきれい。奥様の使い勝手も上々だそうです。

子どもたちが走り回ってのびのびと育つ空間に

 「子どもたちも楽しく過ごせる家に」もテーマのひとつ。家の中を思いっきり走り回っても平気なように、リビングからは広々としたウッドデッキへつながっています。これは家が一段と広く感じられる効果にも。ご近所や仕事仲間などを招く機会の多い森園さんにとっても便利なスペースです。
 2階は主にお子さんのために用意。今はまだ小さいので、全ての空間がワンフロアーで広々としています。しかしここにはケンドン戸という建具がはめ込める仕組みが作られていて、将来的には仕切ることも可能です。
 「僕がしたいことや好みのテイストを設計士さんが理解してくれて、思いが100%かなった」とご主人。「仕事を終え、リビングでお酒を飲みながら木に囲まれた我が家を眺めるたびに、本当によかったなと思う」という表情には、家作りの過程はもちろん、この家での暮らしを心から楽しんでいる様子が見受けられました。

幸せな家づくりとは?


■建設業許可番号/鹿児島県知事許可(般-16)第12792号

■二級建築士事務所登録番号/第2-21-27号

■宅地建物取引業免許番号/鹿児島知事(3)第4635号

■取扱業務/建築に関わる企画・設計・施工・
監理メンテナンス、不動産業・保険業

■取扱工法/木造軸組在来工法
株式会社
住まいず
■本社/霧島市隼人町内山田1-5-7
【TEL】 0995-64-2351 【URL】  http://www.sumais.co.jp/


▲Page TOP