====================================================

住まいる玄

鳥が羽を広げるようにのびのびと光と風を取り込む家
吹き抜けで明るいリビングはご主人の希望。2階ベランダ部分からも光が差し込む。

家族の動きに合わせ自由な発想で設計

 木の香りがいっぱいに漂うKさん邸。「事務所を訪れたとき、むく材の気持ちよさと、小さいスペースなのに圧迫感がなくてとても広く感じられる」ことが気に入って、住まいる玄に建築依頼。田園風景に映え、玄関を中心に、鳥が羽を広げたような間取りを展開している個性的なお住まいが完成しました。
 ”右の翼“は、帰宅した家族の動きに対応しています。玄関の右側に作られた靴棚に靴を入れ、上り框へ。すぐ右手のかばん置き場へ荷物を下ろすと、正面は子どもの勉強スペース、その奥は着替えのスペース、さらに進むと洗面所と浴室が。帰宅してまっすぐ10mほど歩くうちに、外出モードから在宅モードに切り替え。次々と荷物を下ろして行けるので、リビングが散かる余地も無いというわけ。オーダー製作した棚類の使い勝手も抜群です。
 ”左の翼“は来客にも対応。玄関からすぐには吹き抜けの明るいダイニングリビング、その奥には和室やウッドデッキが。玄関から上がる階段の先は、子ども部屋やベランダへと繋がっています。

キッチンを自分にぴったりのサイズと位置で使いやすく

 主婦にとって最も気になる場所のひとつがキッチンでしょう。Kさんは、最近人気の対面キッチンやアイランドキッチンは、「汚れている状態が目につきやすい」とあえてパス。それほど料理にこだわる方ではないからと、大きいスペースは望まなかったそう。「ただ、子どもたちが勉強する様子が見える位置に」と要望。
 その結果出てきた案は、左右の翼を繋ぐ通路的な部分をキッチンとするもの。リビングへと繋がっているもののシンクの中などは見えにくい場所。しかし勉強スペースはすぐ横で、お子さんが話しかけるとすぐに応えられるという絶妙な位置です。
 シンクの下にゴミ箱を収められるよう、スッキリラインのシステムキッチンをセレクト。床にはテラコッタタイルを使用。濡れても大丈夫なうえ、他のスペースが杉の浮造りとなっているので、木目の中でしゃれたアクセントにもなっています。

幸せな家づくりとは?


■建設業許可番号/鹿児島県知事許可(般-18)第8624号

■1級建築士事務所登録番号/鹿児島県知事 第1-20-269号

■取扱業務/注文建築、リフォーム、古民家再生、社寺建築

■取扱工法/木造軸組在来工法
住まいる玄
■南さつま店・設計室 鹿児島県南さつま市加世田東本町18-9
【TEL】0993-58-2217
■鹿児島店 鹿児島市谷山港1丁目3-36
【TEL】0120-679-146
【URL】 http://www.e-house.co.jp/smile-gen/


▲Page TOP