====================================================

三洋ハウス 株式会社

アメリカンダイナーを再現! ふたりが描く心地よさを形に
白と黒を基調に、アクセントカラーの赤がビビッドに効いた個性的なリビング。軽く楽しい気分に浸れそう。

イメージに近づけるべく素材集めにもこだわり

 落ち着いた平屋造りの玄関を一歩入ると、白黒のフロアータイル、真っ赤なソファーやバーカウンター、ジュークボックス…。想像を超えたリビング空間を作り出している松山さん邸です。
 50年代音楽を愛する仲良しご夫婦のマイホーム像は、当時を描くアメリカ映画に登場するアメリカンダイナー。設計士の仕事は、ふたりが作り上げたイメージをいかに形にするかでもあったよう。会話の中からより具体的なイメージを膨らませ、いろんな素材を取り寄せて選択。打ち合わせを重ねるたびに、形が整っていく作業は松山さんにとって実に楽しいものだった様子です。
 「耐震強度4.3倍の構造や、機密性の高さも魅力だった」というおふたり。数十年後のことも考えて平屋造りにしたほか、子どもが2人以上生まれた場合を想定して、2間に仕切れる日当たりのよい洋間も用意しました。
 趣味の世界を家にも表現したことで、「ブログを始めたり、家に似合う車や雑貨を探したりと楽しみが増えた」というご主人。家づくりとともに暮らしが広がる楽しさを満喫中です。

幸せな家づくりとは?


■建設業許可番号/鹿児島県知事(特-17号)第8476号

■設計事務所登録許可番号/ 鹿児島県知事1-17-97号

■宅地建物取引業免許番号/鹿児島県知事(9)第1852号

■取扱業務/建物の設計・施工・監理、宅地開発の企画・施工、
宅地・建物の販売

■取扱工法/木造軸組合理化工法(S・S・Vシステム工法)
三洋ハウス
株式会社
■本社/鹿児島市南郡元町14番9号
【TEL】 099-285-1000
【URL】  http://www.sanyo-house.co.jp/kaisha/kaisha.htm


▲Page TOP